ryoublog

日芸ブログ。すでに卒業したので、終わり。誤字脱字ばかりのブログだしね。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
sst2006徹底に解明すべし
sst2006 : http://www.sonarsound.jp/


sonarが惚れ込んだジャパンサウンド


そもそも、発足当初からジャパンテクノ人材発掘には精力的だったバルセロナ。石野卓球、Towa Tei、またKen Ishiiやrei harakamiなんかも、また1998年には彼らが所属するSublimeRecordsが日本から初めてレーベルショーケースに招聘されたこともあって、DJ YAMAやco-fusionなんかもプレイしてきたんです。そのたび、小さな島国で生まれたハイコンテクストな音楽たちは高い評価を得てきたのですが、それでも今年ほど、その実力を遺憾なく披露していた年はなかったのではないっすかね。13年目の今年は、“Year of Japan”というテーマのもと、DJ Krush、Afra&Incredible Beatbox Band、HIFANAなど10組以上が出演したジャパンサウンド・ウェーヴは、バルセロナの会場をザザァ〜っとのみ込んだあげく、一気に沸点させてました。

んで特に、TuckerとDoravio。Tuckerの乱痴気ぶり(ステージからフロアにダイブしてたのは彼だけだったし...水泳の飛び込み風にねw)とパフォーマンス性/音楽性の高さには海外メディアは釘付けで、しかも大笑い。オーガナイザーが打ち上げで「2006ベスト・オブ・ソナーはタッカーだ!」なんて言ってました。あと、巨大ビデオデッキとドラムセットをつないで、ブッシュの演説やKISSのプロモ、マツケンサンバの映像にサンプリングした音とドラムでエキサイティングに踊らせるDoravioにも、かなりの注目が集まってました。マツケンサンバを彼らはどこまで汲み取れたのか...すごく気になるけど、写真とか映像とか、現地人はかなり必死に撮ってました。

もちろん、彼らをはじめバルセロナで活躍した日本人の多くがに登場!



sonarスピリットから生まれる東京発の音楽


バルセロナのアイコンとも言えるsonar by Day (昼の部)。会場である現代美術館/現代文化センターが隣接しているキャンパス風の空間、その中庭には、人工芝が敷き詰められ、青空の下、ビール片手に、リラックスしたオーディエンスがマイペースに音楽を楽しめる環境がつくられていました。

会場内でひときわ注目を集めていた、エレクトロニック・ラテン・バンドによってYMOのカバーを披露していたSenor Coconut and His Orchestra(アトム・ハート)。彼らはヘッドライナーとして来日が決定していますけど、バルセロナで喝采を浴びたライブを再現するわけではないんです。東京特化したセット、を準備しているんだとか。というのも、"sonar"というスピリットのもとに集まったアーティストたちが「イマの東京」を汲んだ音楽を発信する場所、それが。他にも、Boom Boom Satellitesは、他のロックフェスでは見せない、sonarsound tokyo特別のダンスミュージック・セットでステージに望むんだそうです。


ジャンルの枠を超えた新しい音楽たち

東京公演の目玉で出演するDiploがバルセロナで見せたDVDJセットは、Beastie BoysのPVをバックにDJミックスをスタートさせると、あらゆる音楽をクロスオーバーさせながら最終的にテクノで終焉、という“一人ジャンルレスプレイ”なものでした。”老若男女をネタに最高峰のオナニーをする”的な...(すみません)。で、彼と共に来日するEliot Lipp、Go Home Productionsらも従来のヒップホップから進化した前衛的な音楽によって東京のオーディエンスを夢中にさせてくれるに違いなし。まだ日本ではあまり紹介されていない”最先端の音楽”がかなり紹介されます。

さらに、10年以上もHIPHOPシーンのトップに君臨し続けてきたDe La Soulも来日するというのだからタマラないっす! ちなみ、原点回帰な意味あいでいえば、LFOと共にレイヴシーンの先駆けとなったAltern8も来日。で、で、で、13年ぶりのライブ披露となる、日本電子音楽のパイオニア、ヤン富田氏も参戦決定です! クラブ創世記から現在まで、あらゆるシーンの起爆剤となってきた彼らの「生き続けるセンス」が、にどんなスパイスをふりかけてくれるのか、っていう部分も気になるところなんです。みんな期待しましょ!

勿体ぶらずに、一気にいきました。
明日から、ユル〜くいきますんで、よろしくです。


最近の良くなかったこと。
事務所そうじのレディが外国人に変わったけど、かわいくない...


気分転換にどうぞ。
前に共演した子たち。流行ってますね、秋葉のハルカリ、か?

Perfume
http://www.youtube.com/watch?v=ffYI1zmdodk&mode=related&search=
スポンサーサイト
- | 22:57 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryou.jugem.cc/trackback/142
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"